バディゴ!の男装子どもとイケメンとのダンサー系統が波乱だらけ

妖怪番長は何として見てみると、戯画のメインがあまりにも威力が強くて微笑みました。短時間表情の中からちっちゃな人となりが出てきているのかってミスしてしまうようなニュアンスだ。さすがに妖怪番長というだけに、とんでもな人外直感に溢れていますね。こういう柴田ヨクサルくんの作品は、不気味だけど眩しい人となりが好物を食べようとする景色から始まります。さほど妖怪という感じじゃないですが、なんだか紫色の髪の人となりが夢の中で野望ってわかったという、割と現実的なトピックだ。そんな事をやっていると、月日学園という塾が出てきて、新任教師の木場ヤスオが実に苦しく地震って台風を規格し始めます。はい、ここまで何が妖怪番長なのかすっぱりですが、これは意思に歪みなのでしょう。しかも、ここが小学生というから、もう一度塾生らは会得出来ていない風情だ。けれども、こういう医師、君すうを教授に来たのではなくて番長を決めに来たとか、強引に妖怪番長地域へ誘い込んできました。あとは妖怪トピックだけですが、こういう塾、本当は特別な使途を持つ塾生だらけだったんですね。この日から使途を解放して、番長を決めるというよくわからないお話になりました。なので使途押し問答で番長判定となりますが、けれども最後に3個々残るのがマミーばっかりとか、番長を決めるのに何が実にという感じですね。そんな時、いよいよハゲオヤジヘッドがついた妖怪が登場して、同時に立場の模様は盛り上がります。なので、これを滅ぼした塾生が番長だというわかりやすい要素となります。そうして残る奥さん塾生らの使途がオープンされていきますが、ぶっちゃけ妖怪よりも恋人らの方が怖かっただ。夢のインナーへ乱入講じる使途で、しかも野望でやった事がリアルになるとか、はなはだヤバ過ぎですよ。